ソーシャルファシリテーター 中野 裕弓 オフィシャルウェブサイト


今月のごあいさつ

#015 2010.1 年頭のごあいさつ

カウンセラー 人事コンサルタント 中野 裕弓

A Happy New Year いよいよ来ました、2010年寅年! 明けましておめでとうございます。

わたしたちはこの地球で 今年はどんなことを体験できるのでしょうか。

今年は何か違う、と思いませんか。満月で始まる一年というのも何か特別な気がしますね。 巷では2012年のことが話題になっていますが、私も確かに2012年は大切な年だと認識しています。でも恐れることも大騒ぎすることもありません。

一言で言うと人類の意識が進化して、地球は安定期を迎える、2012年はその始まりの年です。

そして2010年からの2年間はそこに向けての準備期間なのです。この道の研究者グレッグ・ブレーデンは Choice Point(選択の時)と言っています。この時期、ひとりひとりがどういう生き方をするのか、どういう地球を残していくのか、いくつもの選択ができるのです。

一人勝ちして面白いですか? 自分さえよければ満足ですか? 個のエゴを満たすだけの選択の時代は終わりました。自分たちだけよければいいという偏った Win-Win の考え方も限界です。行きすぎた他人との競争、他者との比較、他人との違いだけに目を向けた対立などももう時代遅れなのです。

カウンセラー 人事コンサルタント 中野 裕弓

それよりも、世界がひとつにつながってわたしたちは「進化」という名の団体ゲームの面白さを体験していきます。ひとりひとりの知恵を活かして調和のとれた平和な世界を構築する、それもどれだけ早くそれを実現させるかのワクワクするプロジェクトにチャレンジです。

世界の価値観も変わります。競争や対立やエゴや欲ではなく、「愛」がすべての基盤になるのです。

「愛がベース」になると、今まで閉じ込めていたり無視していた本音が外に出てきます。 もう自分の本音を偽ることはできません。愛がない人間関係、愛を感じない仕事、愛のない活動などに終止符をうつ人も増えます。人間関係を見直し、情熱を感じない仕事を離れ、心がワクワクすることを探し始めるはずです。それは自分に愛を注ぐということなのです。

価値観が変わると、今までの思考や行動パターンに変化が出てきます。それに戸惑いを感じたとしても大丈夫、必ずひとりひとりが納得いく着地点をみつけることができるでしょう。そして新しい生き方で人生を見直したら、生まれてきた目的が JOY(喜びを体験すること)だということに気がつくのです。

これからや今まで以上に心の声に耳を傾けることが大事になります。 昨年あたりから瞑想が注目されています。一日のうちに10分、15分、自分と向き合う時間を作ることは心の声を聞くためにとても有効です(今月のごあいさつ#14にFeeling of Joy の瞑想について書いてあります)。

カウンセラー 人事コンサルタント 中野 裕弓

2008年に96歳で光の国に帰ったアメリカの絵本作家、ターシャ・テューダさんは「自分の周りを美しい考えでみたし、そして自分と親しい人々に対して愛と優しさのこもった行動をとることをおすすめします」を最後の言葉として残していきました。自分の周りを美しい考えで満たす、そういう思いで2010年をスタートさせたいと思います。

今年も世界中の人々にとって素晴らしい一年でありますように。

裕弓



このページの先頭へ

  • お問い合わせ
  • サイトポリシー
  • サイトマップ