ソーシャルファシリテーター 中野 裕弓 オフィシャルウェブサイト


今月のごあいさつ

#014 2009.11 Feeling of JOY 瞑想

カウンセラー 人事コンサルタント 中野 裕弓

こんにちは中野裕弓です。最近は瞑想にご興味をもたれる方が増えてきました。昨年『宇宙とつながる成功習慣』(ビジネス社)という本で瞑想について執筆しましたが、2009年夏、あらたに「Feeling of JOY」という言葉がもたらされました。

これは瞑想をするときのマントラ(自分という個人と宇宙という大きなエネルギーとをつなぐことば)として使えます。瞑想のやりかたは以下を参考にしてください。

  • ひとりになれる静かな環境を探し、椅子に深く座ります (携帯電話などは近くに置かないでください)。
  • 目を閉じます。目を閉じるとそれだけで入ってくる情報がかなり遮断され、心が次第に落ち着いてきます。
  • 呼吸に注意を向け、吸う息、吐く息を意識します(鼻からの自然呼吸でOK)。
  • 心が静かになったら「フィーリングオブジョイ」と心の中で思ってください。
    ふっと思い、そして解き放つ感じです。その後、10分から15分くらい、その言葉を思い出したら心で静かにつぶやき、解き放ちます。
  • 途中、雑念が頭をよぎるかもしれません。それでもOK。何がきても「はい、はい、はい」という感じで気に留めずに流してしまいます。もしかしたら途中で、素晴らしいアイディアが閃くかもしれません。それも「はい、はい、はい」という感じで後ろに流してしまいます。書きとめたりしません。途中眠ってしまった(と、感じても)OKです。
  • 終了時間は目の前に時計を置いて確認してください。時間はのびても大丈夫。そのうちに体のリズムと合っていい具合になってきます(瞑想中は心がとても静まっているので、目覚まし時計や携帯アラームを鳴らさないでください)。
  • 時間になったら「フィーリングオブジョイ」を思うのを止めます。
  • そのまましばらく座ったまま、または横になるかして2、3分、休息をとって  ゆっくり目を開けてください。あなたはすっかり宇宙からのエネルギーが充電されて、リフレッシュしていることでしょう。

*「Feeling of JOY」の別の使い方

日常生活の中では、この言葉を意識するだけで周りの否定的なエネルギーを一掃して
瞬時に純粋で肯定的なエネルギーに変換することができます。必要な時、目を開けたままふとFeeling of JOY と思ってみてください。心が軽くなり気分もリフレッシュ。

人生をますます充実させるためにFeeling of JOYがお役にたちますように* Romi




このページの先頭へ

  • お問い合わせ
  • サイトポリシー
  • サイトマップ