ソーシャルファシリテーター 中野 裕弓 オフィシャルウェブサイト


今月のごあいさつ

#007 2008.12

カウンセラー 人事コンサルタント 中野 裕弓

2008年も最終の月に突入しました。 皆様いかがお過ごしですか?

今年、大好きな秋を、日本のあちこちで堪能することができました。
その一部はソーシャルリースクラブのロミTVで見ていただいています。
先月だけでも、大阪、熊本、沖縄、再び大阪、帯広、静岡、そして最後の週末は神奈川県の三浦半島に旅をしました。 旅大好き人間ですが、終わってみるとよくこれだけ動いたものだと他人事のように感心しています(笑)

いつもお話しするのですが、わたしがなぜ旅が好きかというと、もちろん旅先での出会いや、観光もお目当てですが、なにより、いつもと違う環境で自分がどう感じ、どう反応し、どんな感動を受け、どんな行動をとるのかがとても楽しみなのです。
同じ人間関係、居住環境にいると、自分の反応がパターン化してきます。 自分がどう反応するか簡単に予測がつきます。
でも旅先の出来事は予測を超えます。 時にはパニックのような事態もあります。
精神的にも体力的にも鍛えられますね。 先日も旅先で思いがけなく体調を崩しました。
でもそのおかげでご当地でとても素晴らしいヒーリングのスペシャリストとの出会いがあり、以前より体調が良くなって帰宅しました。
偶然はない、とは知っていますが、このような出会いにはふふふっ、と嬉しくなりますね。

人との出会いとは一言で言うと「同じバイブレーションを持つ者同士が共鳴しあうこと」です。
バイブレーション、波動が異なる場合、どんなに近い距離であってもすれ違ったりニアミスして出会えないのです。 かと思うと、どんなに小さな時間の隙間でも、思わぬところで旧友に再会したり、ご縁のある人を引き寄せたりします。
先日も羽田空港の飛び立つ前の混んだキャフェテリアで同席をお願いした方は、沖縄の方で、話してみると以前、アランコーエンさんとのジョイントに参加してくださった方だったり・・・・。
「引き寄せの法則」で宇宙は面白い仕掛けをあちこちに用意してくれていて本当に飽きません。

先月は他にも人生のターニングポイントというべき出会いや、これからの人生の大きなきっかけになる出逢いがいくつもありました。 おまけにすごいスピードで回りも私も動いているのを感じます。
流れの速さに飛ばされないように地に足をつけて、今月も「心が心地よいこと」を探して年末まで走りこもうと思います。

今月上旬はいつものワシントンDC行き。 元同僚やDC在住の友だちと旧交を温める旅に出ます。
ワシントンのケアファンドというワシントン在住の日本人の方々の集まりで講演をしたり、他にも古巣の世界銀行本部や、社会企業家のアショカ財団にお訪ねしてきます。
今回もまた興味深い出逢いがたくさん待っていることでしょう。

アメリカではクリスマスの飾りつけが街を美しく飾っている季節。
わたしも一足早く、今日はもうクリスマスツリーをかたどったアクセサリーを身につけました。

お風邪などひかずに快適な年末を!

ろみ



このページの先頭へ

  • お問い合わせ
  • サイトポリシー
  • サイトマップ