ソーシャルファシリテーター 中野 裕弓 オフィシャルウェブサイト


今月のごあいさつ

#002 2008.07

カウンセラー 人事コンサルタント 中野 裕弓

最近、時間の流れが速いと感じませんか?
気がついたらあっという間にカレンダーを何枚もめくって、もう2008年は半分終わってしまいました。あら、あら、大変!でも焦らずにちょっと立ち止まってください。この半年の間、世界でも社会でも個人の中でもいろいろありました。もう立ち上がれないと何度も思った人もいることでしょう。わたしも親しい人を何人も見送りました。でも誰もみな、波風、アップダウンを超えていろいろ“こなして”今日まできたのです。すごいですよね。そのことに自分で自分をねぎらいましょう。「日はまた昇る」と信じながらここまで来れた自分があっぱれ!です。

こんな目まぐるしい世の中のスピードだからこそ、私は自分で作った標語に助けられています。それは…「明日やってもいいことは、あえて今日しない!」というもの。親には「先のこともできるならば今日やって備えておくように」と教わってきましたからそれの真反対です。最初はちょっと罪悪感がありました。忙しくコマネズミのように一日くるくる動いているとやっと自分を認められる、という”勤勉さの刷りこみ”にとりこまれていたのですね。

気付いたのはある晩のアイロンかけのとき。すぐに着るブラウスにアイロンをかけながら、ついでにそのあとの分もやっておこう思ったのですが、ふと、残りは明日でもいい、その分の時間は空っぽにして自分の好きに使おう、と思いました。見たかったビデオを見て、おいしいお茶を飲み優雅なひと時、ああ、これで今日もいい感じ!と思えました。

ふと目の前にニンジンをぶら下げられて走る馬を思い出だしました。あの馬は走り続けることに必死、いつになったらニンジンがたべられるのかなぁとちょっと心配しました。それなら立ち止まって今、ニンジンをもいで食べてしまってから走ってもいいのかな、と。その方が元気が出るし・・。

このニンジン、それは自分のために使う時間、フリーな時間です。毎日忙しい、忙しいを連発し、気をせいていろいろ準備に時間を費やしてへとへと。一日のうちに自分のための”おもてなし時間”がないままずっと走っているなんて…それこそあら、あら、大変!です。自分を大切におもてなしする時間、この忙しい毎日の中での優先順位高くしておきたいものです。

  ところであなたの上半期のハイライトはなんでしたか?わたしは…う〜ん、いろいろ、思い起こせば楽しかったことがいっぱい。たまにはこの“ハイライト・チェック”いいですよ。

ろみ



このページの先頭へ

  • お問い合わせ
  • サイトポリシー
  • サイトマップ