ソーシャルファシリテーター 中野 裕弓 オフィシャルウェブサイト


現在 23617 カップが満杯です

あなたと世界を愛と幸せで満たす魔法 愛のコーヒーカップ あなたの心のコーヒーをいっぱいに満たしてくださいね。今日一日、“自分をたいせつにした”と思う方はポットをクリックしてください。

あなたのコーヒーカップを満たすと、その先にパイプが伸びて、世界中の人々のコーヒーカップを下から満たしていきます。あなたが、あなたを満たし、喜ばせ、もてなすと、あなたの周りの人たちや、世界の反対側に住む人たちにも愛を注ぐことになるのです。

“自分の心を自ら愛を持って満たしておくこと”これは私たち一人ひとりの大切なお仕事です。

17歳のころ、通っていたミッションスクールでシスターがこう話されました。 「ここにパンがあったら、自分で食べるのではなく、もっとおなかがすいている人を見つけて、その人に差し上げなさい。ここに水があったら、自分よりもっと喉の渇いている人に差し出しなさい」 まさにキリスト教の教えです。

でも、慈悲利他のことを理解し得ない若い私には疑問が残りました。じゃあ、いつになったらおなかいっぱい食べ、気が済むまで喉を潤していいの? 答えは「他人のために自分を犠牲にすることをキリストはお喜びになります」 ……??

そして、その後、私はしばしキリスト教とは距離を置くことになりました。

ところが、ある考えに行き当たったら、今までの謎が一気に解けたのです。

それが「愛のコーヒーカップ」 常に自分のおなかが満たされていれば、それ以上のものは、すべて自然に周りと分かち合うことになる、ということ。まさに目からウロコ!

“自分の心を自ら愛を持って満たしておくこと” これは私たち一人ひとりの責任、“お仕事”なのです。

中野裕弓

「愛のコーヒーカップ」―“自分の心を自ら愛を持って満たすこと”は 中野裕弓の中心的なテーマです。 このテーマをもとに幅広い内容について講演、研修、著書活動を行っています。

『愛のコーヒーカップ』

あなたが自分に愛を注げば注ぐほど あなたもまわりも幸せになる 愛のコーヒーカップの法則

詳しくは『愛のコーヒーカップ』の小冊子を見てくださいね。 ウェブショップでお求めいただけます。

小冊子『愛のコーヒーカップ』

中野裕弓講演録より

「愛のコーヒーカップ」

昨年、創ったこの小冊子が皆様に大変喜ばれていて、本当にうれしく思います。 全国の読んでくださった方々から、読者カードがたくさん寄せられました。そこに書かれてあった皆さまの感想を載せさせていただきます。皆さま、本当にありがとうございました。励まされました。 それから昨年中に制作するはずの「実践編」お待たせして申し訳ございません。もう少しお待ちくださいますか? 内容がどんどん広がって、収拾がつかないことになっています(笑)。ごめんなさい。

ロミ 2010.3月

  • 以前、この「愛のコーヒーカップ」の話を聞きました。ロミさんの本を読み、講座、セミナーにも数多く参加しました。でも、ほんの1年前までの私は本当には私のコーヒーカップを満たすことができていませんでした。
    でも気がつくと、心から自分を信じ、幸せな人ばかりが周りにいる私になっていました。幸せだと自分も他人も大好きになるんですね。今、この小冊子を読んで、内容に100%共感できる自分がいます。本当にありがとうございます。

(SIさん 東京)

  • 中野さんの著書も読ませていただき、講演会やセミナーにも参加して「愛のコーヒーカップ」の話も聞き・・・”自分を愛すること”は実践していたハズ・・・。でもこの冊子を読んで、”徹底的に”愛していたかな?と疑問がわきました。もしかしてもう一つ先に進めない感じがしていたのはそのせいかしら? 今から”徹底的に愛する”を実践していきたいです。

(KSさん 大阪)

  • この冊子、わかりやすく読みました。理論的なことは数年前から知っていました。似て非なるもの・・といいますか、自分を満たしたつもりが微妙に欲や見栄を満たしていることに気づかされます。また満たしたとその時点で感じても、すぐにカップが底をつく状態を何度も体験しました。いまだに穴をふさぐ作業にとどまっているというか・・・。とにかく以前より罪悪感にとらわれなくなっている自分を今はほめてあげたいなと思っています。

(SNさん 香川)

  • 心の体質改善をしたい!と思いながら“わかっちゃいるけど”の日々です。理論編を拝読し、実践に向けての後押しをしてもらった!と思いました。感謝しつつ、周りの人と分かち合いたいと思います。

(HNさん 川崎)

  • 「自分を愛し、自分を幸せでいっぱいにすること・・」どんな瞬間にも、そこに意識をフォーカスして私は毎日の一分一秒を愛しく感じています。もちろん、しょんぼりする出来事も次々と起こります。その時は・・・私が今まで一番に幸せだった場面を思い浮かべて、心の中をその時の幸せでいっぱいにします。私はこの本を尊敬する大好きな方からプレゼントしていただきました。そして私も・・・たくさんの人たちに心をこめてこの本を贈ろうと思っています。

(MKさん 広島)

  • 以前、友人にいただいて、その後数人の大好きな人にプレゼントして喜ばれています。幸せの環を広げたいです。

(KTさん 滋賀)

  • 「ゆほびか」誌でこの冊子のことを知りました。今、誰かの手に伝わっています。その人の一日を照らしているこの本が光っています。ありがとう。眠る前と目覚めたときにP60〜を声を出して読んでいます。感謝がほのぼのとわいてきますよ。暮らしの中にありがとうの多いこと、満たされていて嬉しいです。

(HMさん 佐賀)

  • なるほど〜と思いました。今まで自分のことは二の次になっていたし、外にばかり意識が向いていたのも気づきました。これができたら本当にハッピーですね!! できることから始めてみます。私の周りの人にも読んでほしいと思います。

(NSさん 北海道)

  • 自分に愛を注ぐなんて考えてもみませんでした。常に「他人」を意識し、「他人」のためを思ってずっとやってきたからです。そのため、私は人間不信となり、勝手に人に裏切られたと思っていました。この本のおかげで自分を裏切っていたんだということに気が付きました。ありがとうございます。

(EHさん 広島)

  • とても共感しました。自分が満たされるからこそ人に愛を与えられる。これぞ今、必要な心。マザーテレサの平成版はまさにこれだと思います。

(STさん 名古屋)

  • 読めば読むほど奥深く心に響きます。後半になると涙がこぼれてきてしまいました。「今」読んでほしい人がたくさんいるように思います。何度読んでも心を打たれる素敵な小冊子をありがとうございます。ヘルパーの資格を取るのにご一緒した人たちにも読んでほしい人たちが数人いてプレゼントします。早く手にとって読んでほしいです。

(MOさん 東京)

  • 自分を満たす、充分に・・ロミさんのお話の中で何度も耳にし、知っていたし、やっていたつもりだったのですが、満たしていると思っていた、思い込んでいたところがあったことに気づきました。自分の人生に責任が持てるよう、自分の心にもっと耳を傾けよう、意識して・・・。今はまだサナギだけど蝶になります(笑)

(MEさん 熊本)

  • 私は最近とても“自分”というものを考えています。“自分”を知って、自分の欲しがっているものを素直に与えてあげられるようになってきたと思います。そんな事を考えていたらこの本と巡り合えてさらに自分を好きになりました。この本は大切な方がプレゼントしてくれました。そしてこの本を読んで自分のために泣きました。久しぶりに流れた涙は、悲しみや辛さのためでなく”よろこび”のために流れたものでした。こんなにステキな本に出会わせてくれた方にも、中野さんの素晴らしい感性にもとても感謝しています。

(JIさん 滋賀)

  • 幸せになっていいのだって思うとすごく気が楽になりました。すでに私の周りで幸せがいっぱいで、本当に”いいのかな?!”って思っていたので、この本はタイムリーでした。読んだ次の日には Musicコンサートで弾き語りをする日だったので、100人村の「誰も聞いていないかのごとくのびやかに歌いましょう」の言葉が生きました。ありがとうございます。

(KTさん 滋賀)

  • コミュニケーションの講座を行っています。参加いただいた方が「愛のコーヒーカップ」の絵本を紹介してくださいました。難しくなりがちな心理学のことが、ロマンチックに描かれ分かりやすさに感動しました。絵本に続き、この小冊子はその方がセミナーへ参加されたときに購入してきてもらいました。絵本をより深く理解するのにたいへんためになりました。自分に愛をそそげないわけのところでは、自分自身や周りの人にぴったりくる内容で納得しました。ダースベーダーのところも、最後の「もしも世界が100人の村だったら」も、とにかく良かったところをここには書ききれません。ありがとうございました。

(YOさん 静岡)

  • まさに“ベストタイミング”で私のもとに届きました。送ってくださった方に感謝です。吸い込まれるように一気に読んでしまいました。今の私にもっとも必要な本でした。最近、私自身が幸せにならないと誰も幸せにできない」「自分を愛と幸せで満たせれば周りの人を本当に幸せにできる」・・・と思い始めていたころでした。「ダースベーダー(反省)」から「応援団長(守護天使さん)」に切り替えます。どうしてもこの本を贈りたい人がいます。

(RIさん 愛媛)

  • わたしは裕弓さんに4年前に出会って自分の人生が変わりました。いえ、変えました。それまで人の喜ぶ顔が見たくて、困っている人がいたら、くたくたになるまで走り回って、いつもいつも相手のカップを満たそうと一生懸命でした。でもなぜか虚しいのです。「まず自分を満たす」、この考え方に「ウソー!!本当にいいの?」って目が点になりました。それから私は自分のための人生を歩み始め、今、とても幸せです。60数回地球を回りましたが、今、この瞬間が一番幸せといつも思えるようになりました。楽しくて楽しくて・・。本当にありがとうございました。

(KSさん 大阪)

  • 6年前から自分の直感を大切にして生きることに目覚めてから、本当にいろいろな気付きを得て、毎日が楽しくなりました。今回この「愛のコーヒーカップ」にはとても共感しました。特に「愛で満たされた心から、希望することをイメージして引き寄せるのと、心が満たされていない欠乏感や渇望感から引き寄せるのでは、おのずと引き寄せるものが違ってくる」という考え方がものすごくストンと腑に落ちました。
    だから「徹底的に自分に愛をそそぐ」のだということ、「徹底的に」がとても気に入りました。早速実践し始めています! 私からもたくさんの愛があふれだして、世界の平和につなげることができるなんて本当に宇宙の法則、あっぱれ!ですね。

(NYさん 大阪)

  • わたしも「応援団長」に会いたいな、と思いました。実践編が待ち遠しいです。

(UYさん 埼玉)

  • 自分ばかり苦しみを背負い、心の中で一人取り残されている気分でした。これだけやってあげたのに、これだけ頑張ったのに、と思うことばかりで、自分を満たすことなど忘れていました。すべては自分次第ですね。自分を大切に、幸せに生きて周りも幸せになると嬉しいです。

(MHさん 東京)

  • 今まで本を読んだり、カウンセリングやセミナーを受けたりしましたが、60代半ばになっても罪悪感や緊張感がとれませんでした。努力はするのですが、ドジをしたり、流れがわからなかったり、エネルギーを使ってヘトヘトでした。最大の罪悪感で病気になりそうなときにこの本をいただきました。自分のカップにコーヒーをつぐのが今一つ分からないので実践編が楽しみです。

(YMさん 札幌)

  • とてもステキなお話をありがとうございます。ひとつ素朴な質問が浮かびました。注いでも注いでもなくならないポットの中のコーヒーは一体どこから補充されるのでしょう?! 魔法瓶? 実践編を楽しみにしております。ありがとうございます。

(YSさん 千葉)

  • 自分を愛するとは、の答えをいただいたような気がします。私の解釈は、何の計算もない、今の自分に誠実に生きること。そして今までずっとそのように話してくださっていたと、思い当たりました。気持ちがまた一新されました。とても読みやすく、楽しく読ませていただきました。表紙も中身もレイアウトもステキです。

(KYさん 三重)

  • コーヒーカップを満たすことまだまだ中途半端でした。何かむずむずとしっくりこない感覚があったのですが、さらに好きなことを追っかけてみたら(自分に許せたら)幸せなわくわくする感じ(世界)がもっともっと広がっていました。どんどん続けようと思います。ありがとうございます!

(YYさん 大阪)

  • 今までの自分の方向性がひっくりかえるような、素敵なメッセージでした。ぜひ友人にプレゼントしたいと思い注文させていただきました。ありがとうございました。

(MIさん 岡山)

  • 自分を一番に満たしましょう〜! と何度も聴いたり本で読んでいたのでわかっているつ・も・りの日々でした。小冊子を読んで、改めてまず一番最初に大切なことがはっきりわかった気がしました。自分に愛をそそげないわけ・・・は今の自分にぴったりのメッセージのようで笑っちゃいました。お店に来てくださるお客様に「まずは自分を大切にね!」と言いつつ、心の中は自分のカップが満たされていないことには何も伝わらないことを実感しました。次回、ロミさんにお会いする日まで「Love yourself completely」。そして自分の可能性を広げることで周りの人に火種をつけたいです。

(SKさん 香川)

  • カエルカードに出会い、ガイアカード⇒ウルトラカードと毎日、三種、一枚ずつ引き、今日のメッセージを楽しみにステップアップし、心豊かに一日を過ごしたいと思うように、いつのまにかなっている自分にびっくりです。今回この本を心待ちにしていました。シンクロは時々感じると幸せになり喜んでいましたが、私の夢は大きく大きくもっともっと自分を愛することでいいのだとメッセージを読み確認できました。60歳の私ですが、孫の幼子のように生きていきます。勇気、元気がでました。

(WMさん 石川)

  • ロミさんの本で「愛のコーヒーカップ」を初めて読んだとき、「え?自分が先に幸せになっていいの?」とびっくりし、そして嬉しく思ったことを思い出しました。恋愛中は特に、好きな人のために頑張って、その割には相手にわかってもらえなくて悩みばかりが増えていく感じがして。罪悪感が強くて、自分を愛するのって 結構難しいと思いました。最近、自分のコーヒーカップにあまり注いでいなかったなあ、と思っていたので、この小冊子を読んで、またなみなみと注ごうと思いました。写真のアクセサリーはロミさんの手作りのものなんでしょうか? 確かCDでアクセサリー作りの話があったと思うのですが。カラーで見たかったです。
    (はい、私の手作りのワイヤーアクセサリーです。ロミ談)

(MMさん 兵庫)



このページの先頭へ

  • お問い合わせ
  • サイトポリシー
  • サイトマップ